どのような電子タバコが好きですか?ニコチンリキッドの選び方

ニコチンリキッドは個人輸入で手に入る

リキッドタイプの電子タバコに慣れてくるとニコチン入りのリキッドを試したくなるという人は多いでしょう。しかし、専門店などに行ってもニコチンリキッドは手に入りません。というのも、日本においてはニコチンが入ったリキッドの販売・譲渡は法律で禁止されています。そのため、日本にあるリキッド販売店に行っても、ニコチン入りのリキッドは購入することができないのです。しかし、実際にニコチンリキッドを使用している人もいます。日本でニコチンリキッドを使用するにはどうしたら良いのかですが、自分で海外でリキッドを購入し帰国する際に税関でニコチンリキッドを購入したと申告するか、海外のサイトから個人輸入で購入する必要があります。ニコチンリキッドのためにわざわざ海外に行くのは現実的ではないので、実際は個人輸入を利用している人がほとんどでしょう。

ニコチンリキッドの選び方

ニコチンリキッドの選び方ですが、個人輸入業者などのサイトを確認すると多数のニコチンリキッドがありどれを選べば良いのかわからないという人もいるでしょう。ニコチンリキッドには純粋なニコチン溶剤となるノンフレーバーのものと、すでにフレーバーリキッドとブレンドされているフレーバー付きの2種類が存在しています。ノンフレーバーのニコチンリキッドは、すでにリキッドの自作などを楽しんでいて他のリキッドを持っている人が利用するものになります。ただし、ニコチンリキッドを自作する時はニコチンの濃度などを自分で計算しなければいけません。そのため、自作のリキッド作りに慣れていない場合は避けたほうが良いでしょう。フレーバー付きニコチンリキッドであれば、そのまま使用できるので、まずはこちらから試してみるというのが一般的です。

海外から個人輸入することができるニコチン入りリキッドですが、一度に購入できるのは120ミリリットルまでです。