自作できるリキッドカートリッジ!

リキッドの自作に必要なもの

町中を見ても電子タバコを吸っている人は多く、電子タバコは完全に市民権を得たと言っても過言ではないでしょう。電子タバコにも様々な種類のものがありますが、人気が高まっているのがリキッドタイプのものです。リキッドタイプはリキッドの種類も多く、様々なフレーバーを楽しむことができます。しかし、一通り試してみたけどいまいち自分好みのものがないという人や、いつものリキッドに飽きてしまったという人もいるのではないでしょうか。そんな人に最適なのがリキッドの自作です。自分好みの濃度や味、香りなどを作ることが出来るので人気が高まっています。自作に必要なのはベースリキッドと香料、空のボトルだけです。ベースリキッドによって煙の量や重さなども変わってきます。

自作リキッドの作り方

自作リキッドの作り方ですが、まずはベースとなるPG(プロピレングリコール)やVG(ベジタブルグリセリン)を空きボトルに入れます。単品でも配合しても良いですが、配合によって味が変わるので色々と試して好みのものを見つけましょう。ベースリキッドを入れた空きボトルに好みのフレーバーを加えていきます。この時、若干濃い目にしておいた方が吸った時にイメージ通りになりやすいです。フレーバーの組み合わせは自由なので、自分だけのリキッド作りの最も楽しく重要なところです。普段吸っているリキッドにフレーバーを足すなどと行ったことも可能です。出来上がったら試し吸いをしてみて、最終的な濃度調整などを行えば世界で一つのオリジナルリキッドの完成となります。