好みの味を作ることが出来る楽しみ

日本では販売禁止!?ニコチンリキッドとはどんなもの

ニコチンリキッドは、電子タバコのカートリッジに使われる液体です。その原料は、ニコチン、プロピレングリコール、グリセリン、精製水からできており、あとはフレイバーを加えることで電子タバコでその味を楽しむことができます。プロピレングリコール、グリセリンはどちらも食品に添加されているほど、毒性がほとんどない成分です。しかし、ニコチン入りの液体は薬事法に抵触するので、ニコチンリキッドを日本で製造・販売・譲渡することは禁止されています。それならニコチンリキッドを堪能できないではないかと思いますが、個人で作成したり海外から輸入する分には問題ありません。ルールを守って、楽しくニコチンリキッドを味わいましょう。

二コチンリキッドは自作することもできる

ニコチンリキッドは既製品を購入して手に入れることもできますが、自作することも可能です。市販のニコチンベース液やフレイバー液、グリセリンを購入すれば、ニコチンの濃度や香りの強さを独自に調整できます。自作ニコチンリキッドは30mlのボトルで配合されることが多いようです。空のボトルに各液体を注いでいくのですが、こぼれないようにポンプや注射器を用いるのが一般的です。最初のうちは、配合を試行錯誤することになるでしょう。好みの味を早く見つけたい場合は、重さをはかりながら液体の配合をしていくのがいいようです。料理などに用いるデジタルはかりの上で、液体の分量を量りながら調合していけば、配合比を把握することができます。配合を変えていって、自分の好みの味を探せる楽しみがあるのも、ニコチンリキッドを自作するメリットです。